2019年11月活動報告 | 札幌のフィブラフットボールクラブオフィシャルサイト

2019年11月活動報告

早いもので今年もあと1ヶ月となりました。
外サッカーシーズンも終え、モチベーションを保つのが難しい季節です。
外に出れば、雪は積もり氷点下。
やれない理由を探せばきりがないかもしれません。
私が大事にしていることは危機感です。
私のモチベーションづくりの一つで、危機感さえあれば「やらなくてはならない」状態になり、止まっている状況に焦りが出てくるはずです。
中学3年生のこの時期。
すでに静岡学園高校に進学が決まり、危機感しかありませんでした。
私は教頭先生に直訴して、朝の体育館を借りることに成功しました。
それから毎朝7時からの体育館練習を欠かしたことはありません。
クラブチームの練習後、帰宅は21:30を回る頃でしょうか。それから15分〜30分は欠かさず練習していました。陸上に混ざり、基礎体力をつけたことも。悩んでいると偽って、色々な高校に練習参加をしました。

札幌の冬はそんな季節です。
行動できれば、春には見違えた自分に出会えます。

【U-15】
11月の公式戦は全国大会に繋がる最後の大きな大会です。
まずは結果から。

vsSSS2nd 2-6●
vs江別中央 2-3●
vs札幌大谷 1-9●

3連敗で終わりました。
初戦のSSS戦は良い感触を得られました。
相手にリスペクトを持ちすぎてしまい、前半は消極的な試合になり、そこで3失点をしてしまいました。
後半立て続けに2点を返し、押せ押せムードの中自分たちの簡単なミスから失点し、流れを持って行かれてしまいました。
相手は選ばれた3年生。こちらは、1、2年生主体の若いチーム。
伸び代を含めて「やれる」感覚は持てた試合になりました。
逆転していくチーム。下克上を起こすチームです。
ここから、意識を変えて取り組めばFIBRAスタイルでの勝利が見えてきます。

3年生は今までお疲れ様でした。
14年間最弱と言われた学年でしたが、夏ぐらいにはそんな汚名を払拭するぐらい力がついてきたように見えます。下の学年の援助も本当に力になりました。
3年生全員が私立高校に入学し、本格的にサッカーを続けるそうです。
ここでの3年間はきっと活きてくるので、活躍に期待しています。

【U-6】

1年間で一番レベルの高いユリコカップに出場。
一昨年は優勝。
昨年は準優勝。
さて今年は、FIBRA FC自慢の代です。

予選
3−0
3−1
5−0

3連勝!!

準決勝
3−0

決勝
2−1

見事2年ぶりに優勝旗が返ってきました。
おめでとうございます。

シュートを決めれなかっただけで、内容はもっと良かったと担当のコーチから聞いております。
主力のメンバーたちはそのままFIBRAの小学生に上がりますので、ますます楽しみになってきます。

プロのサッカー選手になれるように頑張っていこう!!

活動報告一覧へ >

Copyright © FIBRA Football Club All rights reserved.