2018年10月活動報告 | 札幌のフィブラフットボールクラブオフィシャルサイト

2018年10月活動報告

紅葉も始まり、冬の到来を感じさせるぐらい寒くなってきました。
外サッカーはすべての大会が終わり、今後はフットサルの大会へ移行します。

まずは今年素晴らしい戦績を収めてくれたU-12

最後の大会は11人制でした。
いつも8人制ですのですごく新鮮で、見ていて面白かったです。
予選でトップリーグの所属しているLIVと対戦しました。
さすがトップリーグに所属しているクラブであって、個々の技術やチームとしての戦術も成熟しているように見えました。
私達は一瞬の隙から先制し、追いつかれた形でPK戦になりましたが、選手たちは緊張の中冷静にプレーし見事勝利を掴みました。
今年はアグレに続き、2回目の大物撃破となります。
内容は、主導権を握られる展開が長く続いていたので、もっとボールを保持出来るように、そしてお客さんを沸かせるようなプレーを見せらたら最高です。
技術とアイディアをもっと磨いていきましょう。

U-15は、3年生の公式戦が終わり、いよいよ新チームです。
中学2年生以下は恒例の中札内遠征、そして今年は登別遠征も行い、個のレベルアップを図りました。
相手が道カブスぐらいになると、10点近く取られてしまします。
新チームはまず個の能力をもっとあげなければなりません。
厳しい練習をしています。
厳しさで練習に来なくなるなど、そういった事はない学年なので、この冬どれぐらい鍛えられるかが勝負となります。
来年の春には一皮剥けた姿をお見せしたいと考えております。

この時期は来春の新入団員募集期間です。

私達のクラブを選んでくれるご家庭がどれぐらいいるか、いつもこの時期は気が張ります。
練習体験には来てくれていますが、そこから入団までは難しい問題です。
ここ3年間11名揃った学年はないので、来年こそは!と思いますが、少なくても継続ししっかりと育成していきます。
今までで、一番良い学年は5期生の5人だった時です。満足に試合もできない状態でしたが(公式戦出場なし)一人は北海高校で2年生からスタメンを獲得。一人は室蘭大谷高校で選手権決勝に出場。1人は新陽高校で2年生から出場、そんな代でした。
人数がいなくても大丈夫です。
個性を磨き上げれば高校は見てくれます。
高校が欲しがる選手を育てることを目標に、今後も個性を伸ばしていきたいと思います。

今年の3年生も進路が決まりました。

7名中4名が本州へトライします。

素晴らしい選手たちです。

道内に残る3名も意識が高いです。

夢を持って実現に向けて頑張りましょう。

11月更に寒さは増して来ます。

お体に気をつけてください。

濱田

活動報告一覧へ >

Copyright © FIBRA Football Club All rights reserved.