2018年7月活動報告 | 札幌のフィブラフットボールクラブオフィシャルサイト

2018年7月活動報告

新潟遠征その他活動により更新が遅れた事をお詫び申し上げます。

【クラブ初の全道大会】

FIBRA FC U-10が岩内で行われた全道大会に出場しました。

まずは結果から。

初戦 アレアレア 0−2●
2戦目 長沼FC 3−0◯
決勝トーナメント1回戦 WWO 2−3●

結果的にアレアレアとWWOはベスト4まで進みましたので、まだ私たちにはベスト8ぐらいの力しかありませんでした。私もWWOとの試合を見ましたが、2−1で勝っている部分もあり、また失点の仕方も自分達のミスから(自陣から繋ごうとした結果)であり、今後技術をつけていけば少なくなる失点であり、全道大会でも自陣から繋ごうとする姿勢は素晴らしいものがありました。
やはり1発勝負の全道大会。
リスクを極力減らす為に自陣から繋ぐチームはほとんどありませんでした。

リスクを犯しながらも攻める姿勢はとても大切な事です。
ほとんどの方は逆を言いますが私はそうは思いません。

彼らは今回の失点によりもっと技術をつけようと思ったはずです。

今回の大会を糧にU-10の選手達はもっと上手くなり強くなります。

【U-15】

室蘭大谷高校と練習試合を行いました。

相手は高校1年生でしたが気迫溢れるプレーで良い練習になりました。

骨折した選手が出てしまったのは残念ですが、、

いよいよ3年生が高校へ練習参加をし始めました。

名だたる高校から声がかかっている選手もいる中で彼らはuどのような進路を選択するのでしょうか。

7月に練習参加した高校は聖和学園(宮城県)帝京長岡(新潟県)になります。
どちらの高校も全国的に名前の知れた名門校です。
FIBRAで培った武器を思う存分活かして全国的に有名な選手になって欲しいと思います。

【新潟遠征】

7/30〜8/4まで新潟遠征に行きました。
今年は特に暑い新潟。
気温は36度を超えていました。熱中症に気をつけながら本州の選手達と共に合宿を終えました。
練習試合や、ごちゃ混ぜで試合、各指導者によるクリニックなど盛りだくさんの内容で刺激を受けたことでしょう。
日本一のオリジナル奥山氏も鳥取から駆けつけました。
奥山氏が見せる妙技、言葉に選手達は釘付け。
このレベルのプレーを間近で見られるのは本当に羨ましい。
私も上手い大人を見て育ちました。
この特別な経験を活かして欲しいと思います。

北海道は今年涼しいですね。

サッカー日和が続きます。

3ヶ月後は雪です。
今のうちにたくさんボールに触れましょう。

活動報告一覧へ >

Copyright © FIBRA Football Club All rights reserved.