2017年11月活動報告 | 札幌のフィブラフットボールクラブオフィシャルサイト

2017年11月活動報告

いよいよ師走です。
札幌も急激に気温が下がり、一気に冬に突入しました。あと1ヶ月よろしくお願いします。

U-12
中学生と被っているため、なかなか試合を見に行く事が出来ておりませんが、先日芦別で行われた大会に行く事が出来ました。5年生大会でしたが、まるで全道大会を行っているかのような顔ぶれで面白かったです。私が行った日は、予選リーグで全勝しました。ゆとりを持ってプレー出来ているシーンも多くなってきたので、育成の成果が出ていると感じました。残念ながら決勝トーナメント2回戦でノルテに惜敗しましたが、優勝してもおかしくないプレーだったと思います。今年は6年生が1名しかいませんでしたので、上のレベルとの試合をたくさん経験する事が出来ました。この5年生が是非再来年FIBRAに上がり、育成の継続で素晴らしい成果を出して欲しいと思います。

U-15
中学3年生のフットサルの大会がありました。既に受験組と、サッカー特待組で分かれているので、メンバーは練習に来ている3年生と2年生で組みました。
予選リーグは、石狩FCとフォルテ、レアリッザーレです。
初戦の石狩FC戦で勝てれば、予選突破は出来ると踏んでいましたが、初戦で敗れ、しかも4−1で勝っておきながらの逆転負けという事もあり、なかなか2試合目に良い状態で臨む事が出来ませんでした。しかし内容はどうだったでしょう。
リーグ戦のブロックを見れば格上の相手に対し、私たちはボールを保持し、遊びを入れ、ゴールを狙いました。3年間の成果が存分に発揮された選手と、まだまだの選手がいましたが、見に来てくれた小学生の選手達が「観ていて面白かった」と言ってくれたので良かったです。

結果3戦全敗でリーグ戦を終えました。
あとは高校サッカーへ向けて、ひたすら自分を磨いて欲しいです。

今日此頃、自分に負ける選手が多く見られます。
今彼らに必要なのは、楽しさではなく厳しさだと思います。
苦しさを一度乗り越えなければならない時期が来ました。

強度の高い練習をして、自分と向き合う時間を増やしていこうと思います。

乗り越えれば強くなります。

あと1ヶ月ですが、よろしくお願いします。

活動報告一覧へ >

Copyright © FIBRA Football Club All rights reserved.