2018年2月活動報告 | 札幌のフィブラフットボールクラブオフィシャルサイト

2018年2月活動報告

今年も2ヶ月が過ぎようとしています。
例年より寒い冬になっておりますが、皆様の体調はいかがでしょうか?

2月は1年で一番大会のない季節です。
5年生の全市大会があったぐらいです。

5年生の全市大会の1回戦は今回の優勝チームのLIVでした。
あと1年あれば大丈夫です。向こうも成長しますが、こちらはもっと成長します。
リベンジを誓います。
U-12はその後、6年生のお別れカップみたいなものに参加しました。
砂川と滝川で行われFIBRAは2チームの参加となり、砂川のチームは3位という好成績を残しました。
6年生は残り1ヶ月の小学校生活を満喫し、U-15に上がってきて欲しいと思います。

U-15は三笠遠征で8人制の試合を行いました。

中学1年生の戦評から。
自分の学年で試合をほとんどしたことがない代で、春からどれぐらい力を付けてきたかが試されました。
結果的には全て負けてしまいましたが、予想以上に全員が成長していた事に密かに驚いていました。
中でも特別成長してきた選手もおり、上の学年を脅かす存在になって欲しいと思います。ですがまだまだ出遅れ感は否めません。もっと練習してレベルアップして欲しいです。

中学2年生。
もう一度立ち直るタイミングです。
ボールを保持し続けるサッカーが出来なくなってしまっています。すぐに感覚は直ると思いますが、、
あとは時期。
半年後は高校への練習参加が控えています。
その準備は出来ているのでしょうか。
そもそも準備していないのでは。欠点が目立つ。長所は何?それでは、認めてもらえるどころか、見てもくれません。
2つの選択肢を与えました。
一つ目は、高校のレベルを下げて考える。
二つ目は、心を燃やして努力をする。
今のままでは全員無理です。
行動を変えなければ、、現実は厳しいです。

中学3年生
私立組は受験が終わり、合格発表も終わりました。
一人残念な選手がいましたが、それ以外は無事志望する高校に合格が決まったそうです。
これはゴールではなくスタートです。
残り1ヶ月、練習して、少しでもレベルアップをして高校に行ってください。

U-6
U-6は、蹴で行われているスクールが定員で入れない為、アカシア校を設立しました。
徐々にですが、人数が増えつつあります。
コンサドーレカップでは、年長さんの組は、大量得点の全勝で終わる事が出来ました。
年長さんで長い選手は既に3年間サッカーの練習をしています。
他の子と大きく差をつけて小学生に上がってきてくれます。
彼らが順調に育つように、サポートしていきたいと思います。

3月は別れの季節です。
涙を流さぬ様頑張ります。
今年度の最後もよろしくお願いします。

濱田

活動報告一覧へ >

Copyright © FIBRA Football Club All rights reserved.